<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第


<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。




<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2017-7-14

「減量を始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れる減量法と言えば、
ジョギング。

減量って、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさまは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、こむらへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
こむらの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、こむらの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
こむらが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはこむらがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとこむらの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
運動することは厳禁となります。

減量のために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
減量の期間を延ばすことにつながります。

こむらに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

明日はいい日かな~
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人生が変わるかもしれないレーシック手術