<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。

恋占い 片思い
恋占い 片思い
http://divination-choose.com/love/



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:2017-5-29

ミー達夫婦は結婚して2年になりますが、
最近、夫婦として成長したな〜と思っています。

1週間前、家内とケンカをしました。
お出かけ先に向かう車の中で
言い争いとも言えないくらい些細なやり取りから
お互いの怒りに火がついてしまい、
一気に車内は険悪なムードに…

一泊ふつかでのお出かけだったので、
「このままふつかも過ごすのか」
と最悪な状況を想像していたのですが…

結果的には、
お出かけ先に到着するまでの半時間足らずで仲直りをすることができ、
車を降りてからは
仲良く楽しいふつか間を過ごす事ができました。

お互いの積極的な歩み寄りがあったから、
短時間で仲直りをする事が出来たんだと思います。

そのお互いの歩み寄りの姿勢と意欲と決意と表現というのが、
この2年間でミー達夫婦で築き上げたものであり、
成長の証であると感じたと同時に、
家内と結婚して本当に良かったと強く感じました。

ミーも家内も怒りの表現がヘタで、怒ると引きこもるタイプなので
付き合い始めた頃や結婚した当初は、
お互いに怒る事ができなくて、不満があってもひたすら我慢という感じでした。

最近になって
ようやくお互いに少しずつ言いたい事を言えるようになり、
何で怒っているのか?何が嫌なのか?どうして欲しかったのか?…ということが
ケンカをしながらわかるようになりました。

その日も、家内はめちゃくちゃ怒ってきつい口調でしたが、
ミーの心に届いたのは怒りではありませんでした。

ミーは家内に愛されてるなーというのを一杯感じて、
それがうれしかった…

そんな家内の想いを見ようとしないで
自分の事しか見てなかったミーはすごく情けなかったです。